柴犬に与える餌で与えていけない成分について

柴犬に与えてはいけない成分

柴犬に与える餌で与えていけない成分について

 

 

ご主人様に忠実で、辛抱強い性格の柴犬は、いつの時代でも人気犬種の上位にいます。愛くるしくて凛とした容姿を維持するためには、栄養バランスのとれた食事と適切な運動が必要です。

 

特に柴犬はアレルギー性皮膚炎をおこしやすい犬種ですので、アレルギー症状を引き起こしやすい食べものは不要な成分として避けた方が良いです。

 

具体的にいうと、トウモロコシや大豆などがあげられます。柴犬に限ったことではありませんが、これらの穀類は犬を健やかに育てるのに不要な成分ですので、ドッグフードの内容成分を確かめて購入するようにしてくださいね。

 

本来、犬は肉食動物ですから穀類は不要な成分です。人間と生活するようになり、人間が食べていたものを食べるようになって、雑食になったと言われています。

 

しかし、犬は穀類を多く摂りすぎると消化不良をおこす可能性があります。ですから出来れば穀類が入っていないドッグフードを選びましょう。

 

最近の世界のドッグフードの傾向は、穀類を入れていないグレインフリーが主流となってきています。

 

グレインフリーの食事をすることで、愛犬の健康状態が良くなったという嬉しい口コミが多くみられますので、もし愛犬の健康状態に不安を感じているようでしたら、一度グレインフリーのドッグフードに切り替えてみても良いと思います。

 

柴犬だけでなくすべての犬種にとって不要な成分であると言えるのが、酸化防止剤などの人工添加物です。酸化防止剤は、入っている量が微量であっても、毎回の食事で摂りすぎれば、がんなどの病気を引き起こす原因になりえますので、人工添加物が入っていないドッグフードを選びましょう。

 

また、炭水化物も柴犬を含むすべての犬種で不要な成分です。犬の唾液にはアミラーゼという炭水化物を分解する消化酵素を含まないので、食べ過ぎると消化不良を引き起こします。

 

ドッグフードを選ぶ際にはしっかりと内容物を確認しましょう。ちなみに原材料の表示は配合が多いものから表記されています。炭水化物が最初の方に出ているものは避けてくださいね。

 

犬にとって不要な成分を避けることはもちろん大切ですが、そもそも使われている素材が人間が食べても大丈夫なくらい安全なものであるかどうかも重要となってきます。一部のドッグフードでは肉類とか動物性油脂など、何を食材にしているのかわからないものがあります。原材料がきちんと明記されていて、厳しい基準をクリアしているものを選んでください。