柴犬の健康維持におすすめなドッグフード

アカナが柴犬の肥満防止に最適な理由

 

艶やかな被毛が可愛らしい柴犬は海外でも大人気です。

 

自慢の被毛を保つためには毎日の食事が何より大切。

 

しかし柴犬はアレルギー症状を引き起こしやすい犬種であるため、毎日与える柴犬のドッグフード選びはかなり重要です。

 

もちろんアレルギー症状を抑えるにはアレルギーの元となる物質、例えばハウスダストやダニを除去することが大切ですから、犬が生活するスペースを常に清潔に保つことが大切です。

 

また適度なシャンプーと、毎日のブラッシングをすることで被毛の状態を良くすることができます。しかし、被毛の状態はやはり体の中からのケアが大切です。

 

柴犬 ドッグフード

 

ですから出来るだけ良質なたんぱく質を多く含むドッグフードを与えなければなりません。

 

もし柴犬のドッグフード選びを迷っているのならアカナがおすすめですよ。

 

 

アカナはトウモロコシや小麦など、犬がアレルギー症状をおこしやすいと言われる食べ物を含んでいません。

 

また、大抵のドッグフードには米などの穀類が多く含まれていますが、アカナではオート麦を使用しています。

 

オート麦は低GI食品ですので、食事後の血糖値の上昇を抑えて満腹感が持続し、肥満を予防しますよ。これなら愛犬の肥満に悩んでいる飼い主さんも安心して与えることができますよね。

 

柴犬は膝蓋骨脱臼になりやすい犬種ですので、体重管理が重要ですからアカナがおすすめなのです。

 

柴犬 ドッグフード

 

ちなみに膝蓋骨脱臼とは膝のお皿が外れる病気です。柴犬は無理な繁殖が続いたせいで、この病気を持っている子が多いと言われています。

 

私が飼っている柴犬も膝蓋骨脱臼にかかっており、一時期足をひこずったりしていましたが、今は元気に走り回っています。

 

実は友人にアカナをドッグフードがおすすめしてもらって変えたからです。

 

アカナは良質なたんぱく質を60%も含んでいるので、引き締まった筋肉を形成することができ、膝の周りの筋肉を強くしてくれたようですし、また肉類が多いために食いつきが良いので飽きずに食べ続けてくれました。

 

このドッグフードは高い消化吸収率なので、栄養分をきちんと吸収しつつ、満腹感を感じることができるので、太り気味だったのが適性体重に戻りました。

 

脚の状態を心配してくれていた獣医さんも驚くくらい良い体格になりました。もし肥満に悩んでいるのならおすすめできるドッグフードです。

 

愛犬が何か慢性疾患を患っているようであれば、ドッグフードを変えることをおすすめします。

 

毎日の食事を見直すことでかなり症状の緩和が期待できます。これは人間と同じですよね。

 

まずはアカナを一度試してみてくださいね。

 

更にアカナよりも柴犬に最適なドッグフードをランキング形式で紹介しますので、興味があれば参考にしてみてください。

 

柴犬 ドッグフード