柴犬の健康維持におすすめなドッグフード

アレルギーがある柴犬におすすめなドッグフード

FinePet’sは柴犬におすすめできるドッグフードです。

 

それは犬が健康に長生きできるように、隅々まで配慮しているから。このドッグフードのコンセプトは、犬が必要とする栄養素を給餌量で調節するということです。

 

だから1種類で、すべての犬種やライフステージに対応しています。

 

それではなぜFinePet’sを柴犬におすすめするのか。それは原材料が良いからです。

 

柴犬は他の犬に比べると比較的丈夫な犬ですが、実はアトピー性皮膚炎になりやすい犬種でもあります。

 

FinePet’sには大豆やトウモロコシなどのようなアレルギー症状を引き起こしやすい食べ物を含んでいません。

 

もともと犬は肉食動物ですので、ドッグフードで穀類を入れることに疑問を持っているフードメーカーですから、大豆やトウモロコシを配合していないばかりか、穀類を一切使用していません。

 

使用しているのは良質の鶏肉、ラム肉、鮭です。お手持ちのドッグフードの内容物の表記を見てみてください。

 

配合量が多いものから記載されているはずです。最初の方に穀類が書かれているものであれば、避けた方が無難かもしれません。

 

FinePet’sは大豆やトウモロコシだけでなく、同じくアレルギー症状を引き起こしやすい牛肉や豚肉も使用していません。

 

またリンを多く含む鶏のササミもカルシウムを破壊してしまう恐れがあるので使用していません。

 

もちろん柴犬をアトピー性皮膚炎などのようなアレルギー症状から守るには、犬舎を清潔に保ってハウスダストやダニ、花粉などを除去することが大切ですが、それとともに毎日の食事を改善することで、症状が緩和したり、病気の予防ができたりしますので、アレルギー症状に悩まされている場合はFinePet’sがおすすめです。

 

もう一つFinePet’sが柴犬におすすめできる点は、人間が食べられるほど良質な原材料を使い、体に害を与える添加物を使用していないことです。

 

柴犬は賢い犬種で、我が家の愛犬もそうでしたが、ドッグフードに飽きがくるとわざとフードを残したりします。

 

FinePet’sで使用されている原材料は新鮮なものが多いので、食いつきが良く、飽きがきません。

 

熱に弱い栄養素の場合、壊れないようにオーブンベイクして加工するというひと手間かけてくれているのも嬉しいですよね。

 

添加物として使用しているのは人間の赤ちゃん用ミルクにも使用されている硫酸銅などです。

 

硫酸銅には造血作用があり、食品衛生法で認可されている添加物です。ドッグフードに使用しているのは微量ですから明記しなくても良いのに公表している姿勢に親近感がわいてしまいます。