柴犬の健康維持におすすめなドッグフード

高品質なアカナは健康維持がきになる柴犬のドッグフードにおすすめ

 

 

アカナは高品質なカナダ生まれのドッグフードです。

 

原材料のほとんどを地元カナダで調達して、自社工場で徹底した品質管理の下に作られていますが、柴犬のドッグフードに最適なのかみてみましょう。

 

原材料の質の高さも定評があり、カナダ食品検査庁の厳しい基準をクリアして選ばれた食材を使用しているので、人間が口に入れても安心なドッグフードです。

 

犬は太古の昔、肉食動物でした。人間と生活していくうちに雑食となりましたが、体の機能はやはり肉食動物のままです。

 

例えば犬の唾液には炭水化物を分解する消化酵素であるアミラーゼを含んでいません。そのため、犬は穀物などの炭水化物を過剰に摂取してしまうと、消化器官に異常をきたしてしまいます。

 

柴犬におすすめな?アカナの特徴

 

 

アカナのドッグフードの約60%は鶏やカレイ、鮭などの良質なたんぱく質です。残りの40%は素材の良い野菜や果物、ハーブです。

 

ですからアカナを与えるようになってから糞の状態が良くなったなど、色々な病気の改善につながったという口コミが多くあります。

 

犬の健康のために、たんぱく質の次に必要なのが脂質です。アカナでは鶏肉脂肪とニシン油が使用されています。ニシン油は豊富なビタミンや鉄、ナイアシンなどが含まれているとても健康的な油で人間でも摂取したいものです。

 

このニシン油を使用することで肥満の予防や改善につながりますよ。またアカナは、トウモロコシや大豆のような血糖値を急激に上昇させるような穀類を使わず、オート麦のような低GIの食材を使用しています。

 

低GIなのでこれも肥満のなりにくさに繋がります。一般的なドッグフードでは、小麦粉やトウモロコシが使用されていますが、これらはアレルギー症状を引き起こしやすいです。

 

ですから皮膚炎や涙やけなどのアレルギー症状に苦しんでいる犬には、アカナは特におすすめのドッグフードです。体の状態を良く保つ野菜や果物をふんだんに使用し、また心身の状態に良い影響を与えるハーブも使用しています。

 

 

最近のドッグフードは、世界的に穀物を一切使わないグレインフリーが流行となっています。それは穀物を使わないことでアレルギー症状の改善や肥満防止につながるからです。

 

アカナは穀物を一部使用していますが、これはオート麦のことで、オート麦は低GI食品ですので、アレルギー症状や肥満を気にしている犬に与えてももちろん問題はありません。

 

むしろ良質な素材を使用しているので、犬の健康を考えるのであればおすすめしたいドッグフードです。毎日の食事は人間でも犬でもとても大切ですよね。愛犬を健やかに育てないのなら、アカナはおすすめのドッグフードです。

 

そんな、柴犬におすすめ?なアカナですが、アカナよりも更に最適なドッグフードをご紹介します。

 

是非参考にしてみてください。

 

柴犬 ドッグフード