柴犬の健康維持におすすめなドッグフード

我が家の柴犬用ドッグフード選びの変遷日記

今まで、私がどんなドッグフードを選んで柴犬に与えてきたのかを、少しお話したいとおもます。

 

柴犬の飼い主さんは参考にしてください。

 

柴犬のドッグフードの種類はドライタイプがおすすめ

 

メーカーごとに柴犬にも適したドッグフードを得ることができます。柴犬に与えられる餌としては、さまざまなタイプがあります。

 

ひとつはドライタイプやソフトドライタイプといわれるものです。これらはとても乾燥していて、ドッグフードのなかでは最もポピュラーなタイプだということができるでしょう。

 

かみ応えがあるので、あごの強化を促すこともできます。湿気に強く栄養バランスも申し分ないというメリットがあります。

 

柴犬のドッグフードの種類 ウェットタイプの場合

 

柴犬のドッグフードには、ドライタイプのほかにウェットタイプというものもあります。このウェットタイプの特性としては、非常に水分量が多いということです。

 

風味がドライフードにくらべて豊かなので、よく食べるようになります。

 

ドライタイプであまり食べてくれないというような場合には、このウェットタイプを試してみるというのもいいでしょう。

 

柴犬のドッグフードとしては、ウェットタイプは腐りやすいので注意が必要です。基本的には一回で使いきるようにしたほうがいいでしょう。

 

また柴犬の餌のなかでは栄養バランスが偏りがちだという点もあります。

 

最初に買ったドッグフードははロイヤルカナン柴犬用

 

 

ブリーダーさんで与えられていた餌が、ロイヤルカナン柴犬用でした。

 

最初はいままで柴犬が食べていた餌がよいと聞いていたので、ホームセンターのペットコーナーで購入しました。少しお高いかな。

 

食べ慣れている餌であり、柴犬用なので、子犬のうちからモリモリ食べます。

 

獣医師おすすめの柴犬用餌でもあるので、問題ないとは思ったのですが、個人的に臭いがキツかったのと、鉱物系酸化防止剤を使用していること。

 

さらに生産拠点が韓国に移ったから、なんとなく信用できなくなり、代えることにしました。

 

わるい餌ではないので、気にならない人には良い選択になるでしょう。

 

悩んで見つけた国産ドッグフード マザープラス幼犬用(柴犬用ではない)

 

柴犬のドッグフードとしては、たんぱく質や脂肪といった栄養素のほかにも、糖分やビタミン、ミネラルといったものが必要になってきます。

 

糖分というのは、脂肪と同じく体内ですぐにエネルギーに変換されるという特性をもっています。

 

そのため柴犬のドッグフードとしては、しっかりと糖分を含んだもの摂る必要があります。糖分が不足すると疲れやすく病気にもなりやすくなってしまいます。

 

他にビタミンやミネラルも柴犬の餌についてはたくさん含まれているものが望ましいです。こういったビタミンやミネラルというのは、体調を正常にするという役割をもっています。

 

マザープラスは製品の品質もよく、うちの子の体質にも合いそうなので食べさせたいのですが、食いつきが悪くなかなか食べてくれないのでいつも苦労しています。

 

最終的にたどり着いた柴犬のドッグフードがカナガンでした

 

 

食いつきが良くて、柴犬の健康にもいいドッグフードはないのかネットで調べていた時に、出会ったのがカナガンドッグフードでした。

 

グレインフリーで消化もよく、どんなドッグフードよりも食いつきがよかったので満足しています。

 

何より、たんぱく質やミネラルが豊富で毛艶も良くなってきたのでカナガンドッグフードには感謝しています