柴犬の健康維持におすすめなドッグフード

柴犬のドッグフードの選び方 年齢からアレルギーに関して

柴犬のドッグフードの選び方としては、まずは中型犬用のものを選ぶということが大事になります。

 

柴犬というのは中型犬に分類されています。

 

また、ドッグフードは年齢別にも分かれています。なので柴犬のドッグフードを選ぶ際には、自分の柴犬の年齢にあったドッグフードを選ぶということも大事になります。

 

子犬のころというのはとくに、栄養バランスがとれていて免疫力アップが図れるような餌を選んでいくことが必要です。

 

とくに病気になっているときには、高カロリーなドッグフードを選んでいかなければなりません。ウェットタイプに変えるなどの処置も大事です。

 

 

柴犬のドッグフードの選び方 好みについて

 

柴犬の餌については、その柴犬の好みに合っているかどうか、ということも判断材料となってきます。

 

とくに最近のドッグフードは、試供品も用意されるようになっています。なのでいろいろなメーカーや、さまざまなタイプのドッグフードをまずは試供品から試してみて、柴犬の食いつきなどからどのドッグフードが好みなのかを判断していくと経済的なのでおすすめです。

 

まずは年齢をベースに絞りをかけたうえで、その柴犬の好みに合ったものを探していくというスタンスを摂ると間違いないでしょう。

 

しかしあまり好みの餌でも食べさせすぎないようにしましょう。

 

 

柴犬のドッグフードと食物アレルギーの関係

 

柴犬というのはアレルギー性皮膚炎を起こすことがあります。そしてこのアレルギーのなかでもとくに多いのが、食餌アレルギーというのものです。

 

とくにアレルギー性皮膚炎の場合、かゆみや脱毛といった症状がみられるので、自分の柴犬がそういった状況になると心を痛まれる飼い主さんも多いです。

 

とくに餌のたいぱく質が原因でこういったアレルギー症状は引き起こされるといわれています。

 

同じ餌を食べ続けているときに、悪化する傾向があります。とくにこういったアレルギー症状が出やすいのは子犬の時期です。なのでこういった時期にはとくに柴犬に与える餌を注意しましょう。

 

 

柴犬の食餌アレルギーへの対処法

 

自分の柴犬に食餌アレルギーの症状がみられるときは、まずは動物病院に行ってみて、アレルギーの原因を突き止めることが大事です。

 

とくにアレルギーにみえて実はほかの重大な病気の症状である可能性がありますから、自分で判断せずに医師の診察を受けるようにするとよいでしょう。

 

柴犬の餌については、そういった食餌アレルギーが疑われる場合には、病院のほうで餌を処方してくれます。

 

しばらくはこの病院から処方される餌で様子をみるようにしましょう。そして症状がなくなったら、市販の柴犬に与えるドッグフードを検討してみてもいいでしょう。