柴犬の健康維持におすすめなドッグフード

愛犬の体を傷付けていませんか?ドッグフード選びのポイント

 

実は飼い主がびっくりするような成分を含んでいるドッグフードが普通に販売されているため、成分を確認して購入する必要があります。

 

愛犬を守ることができるのは飼い主だけです。

 

それと同時にドッグフード選びに失敗してしまうと、知らない間にあなたが愛犬の体を傷付けていることになります。

 

愛犬との楽しい生活を少しでも長く送るために、ポイントを押さえてドッグフードを選びましょう。

 


ドッグフードのおすすめならこれ!!

 

 

まず、愛犬のサイズをチェックすることがポイントです。ドッグフードは犬のサイズによって含まれている成分が異なるため、愛犬に合ったものを選ぶことが重要となります。

 

犬種ごとに平均体重はありますが、愛犬の正確な体重を量ってください。

 

小型犬(3?9kg)・中型犬(9?25kg)・大型犬(25?40kg)に分類されるので、どこに当てはまるか確認します。

 

最近は多種多様な犬種が登場しているため、超小型犬(2?3kg)や超大型犬(40kg以上)に分類されることもあります。

 

 

超小型犬はチワワやトイプードル、小型犬はマルチーズやパピヨンに多いサイズです。

 

サイズが小さい犬種はエネルギーの消費量が多く、ドッグフードはカロリーが高めになっています。

 

カロリーが高いと歯が汚れやすいので、歯石トラブルを防ぐ成分が入っている商品がおすすめです。

 


ドッグフードのおすすめならこれ!!

 

 

ラブラドール・レトリバーやゴールデン・レトリバーが分類される大型犬や超大型犬は、巨大な体を動かすことから関節や心臓への負担が大きい傾向にあります。

 

骨を丈夫にするカルシウム、心臓に必要なタウリンといった成分が配合されているかチェックしましょう。

 

負担の大きい部分をドッグフードでサポートすれば、健康な状態を維持しやすいです。

 

柴犬やコーギーを含む中型犬は小型犬と大型犬の中間に位置し、さまざまな部分に配慮する必要があります。

 

筋肉を作るタンパク質や、健康維持に必要不可欠なビタミンなどの栄養素をバランス良く含んでいるドッグフードがベストです。

 

また、中型犬は運動量が多く、活性酸素の生成が活発に行われています。活性酸素は体が衰えやすくなるため、抗酸化成分を含んでいるドッグフードを選ぶ方法もアリです。

 

次に、愛犬の成長段階をチェックします。生後6ヶ月までは仔犬、生後7ヶ月?7歳は成犬、7歳以上は老犬と考えてください。

 

 

仔犬は活発に遊ぶためドッグフードのカロリーが高く、逆に老犬はエネルギー消費量が少ないことから老化防止成分を配合している商品が多いです。

 

仔犬用を老犬に与えるとカロリーオーバー、老犬用を仔犬にあげるとカロリー不足となるので注意しましょう。

 


ドッグフードのおすすめならこれ!!

 

ただし、先程述べたのは目安の年齢で、成長段階と愛犬の様子を併せて考えることが大切です。

 

例えば6歳は成犬に分類されますが、体が弱って動けない状態なら老犬と考えて問題ありません。

 

仔犬・成犬・老犬、どの状態に近いか考えれば愛犬の成長段階を判断できます。

 

さらに、愛犬に合ったドッグフードを選ぶなら、アレルギーと去勢の有無を確認することがポイントです。

 

 

ドッグフードや食品を食べた時に下痢・嘔吐・かゆみといった症状が見られた場合は、摂取したものに対してアレルギー反応を起こしている可能性があります。

 

犬も人間と同じようにアレルギーは体へ負担を与えるため、アレルギーの対象物が入っていない商品を選ぶのが得策です。

 

犬は去勢するとホルモンバランスが乱れて、太りやすい体質になります。そのため去勢前後で同じドッグフードを与え続けると、太ってしまうかもしれません。

 

カロリーの高いドッグフードを去勢前に食べていた場合は、カロリーを抑えたものに変えた方が良いです。

 

 

これまで述べたポイントを押さえて選んだ愛犬に合った商品こそ、最もおすすめできるドッグフードと言えます。

 

逆に決して購入してはいけないのは、愛犬の体へ負担を与えるドッグフードです。

 

「そんなの当たり前」と感じるかもしれませんが、意外と実践できていない人が多く見られます。

 


ドッグフードのおすすめならこれ!!

 

 

まず、安全性を確かめるために、無添加処方であることを確認してください。合成香料・合成着色料・防腐剤といった成分が入っていないことが大切です。

 

特にBHA(ブチルヒドロキシアニソール)・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)・エトキシキン、これら3種類の酸化防止剤は発がん性が認められているので気を付けましょう。

 

賞味期限が製造から2年以上のものは添加物を含んでいるケースが多く、注意が必要です。

 

食いつきを良くするために「甘味料」を含んでいる商品も、実は避けた方が良いものとなります。

 

犬は塩分や糖分を必要としていないので、甘味料は犬にとって内臓へ負担を与える成分にしかなりません。

 

肉の割合が高いドッグフードなら食いつきが良くなるため、甘味料を含む商品は選ばないのが賢明です。

 

また、原材料をチェックすることも、愛犬の健康を考えたドッグフード選びの重要なポイントと成り得ます。

 

小麦粉やトウモロコシなどの穀物は消化しにくく、内臓へ負担を与えます。栄養分はほとんど含まれていないため、摂取するメリットがないのです。

 

ドッグフードをかさ増しするという販売側の都合で配合されているので、穀物を含んでいない商品が愛犬に優しいと言えます。

 

 

衝撃を受ける飼い主が多いのですが、実はドッグフードには動物の死骸を「ミートミール」という名称で配合していることがあります。

 

人間の食用として販売することは禁止されているものの、ペット用なら普通に流通しているのが現状です。

 

「○○パウダー」などの名称も実際はどんな肉を使っているか分からないので、避けた方が良いでしょう。

 

ホームページで製造元を調べて、新鮮な原材料を使っているか確認することが大切です。

 


ドッグフードのおすすめならこれ!!