柴犬の健康維持におすすめなドッグフード

安心安全のドッグフードを選びたい人は要チェック!

 

ペットと言えど、飼い主にとって大切なわんちゃんは家族の一員です。

 

そんなわんちゃんには安心安全でおいしいご飯を選んであげたい、そう思う方はたくさんいるでしょう。

 

最近はペットフードの種類も増えたので、何を選んだらいいか悩むところです。

 

元気いっぱいに長生きしてもらうためにはどんなドッグフードが良いのか、今回は購入の際のポイントをいくつか見ていきましょう。

 


ドッグフードのおすすめならこれ!!

 

 

良いドッグフードをあげることで、わんちゃんが消化不良をおこす可能性を大幅にカットできます。

 

まずあなたのわんちゃんの年齢、活動状態(どれくらい活発か)、特徴などを知っておくことが大切になります。

 

子犬、授乳中の母犬、シニア犬など様々ですが、それぞれに適したドッグフード選ぶことが健康被害や肥満のリスク回避につながるでしょう。

 

ペットストアに行くと良く見られるのが、犬種別のドッグフードです。

 

チワワならチワワ、トイプードルならトイプードルなど、ご家庭のわんちゃんの種類に合わせてドッグフードを選ぶことをおすすめしますが、特に小型犬と大型犬のフォーミュラは大分変わってくるので要注意です。

 

次にドッグフードに含まれる材料です。

 

チキン風味、ビーフ風味、実際に細かいチキンやビーフが含まれているタイプなど、パッケージのキャッチコピーは様々ですが、

 

まずはパッケージ裏などに記載されている材料欄のチェックをしましょう。犬は元々肉食ですから、草食的要素だけが含まれているドッグフードはなるべく避けるべきです。

 


ドッグフードのおすすめならこれ!!

 

 

次に、材料欄に記載されている材料は、たいてい含有量が多い順に並べられています。

 

このことから、最初にジャガイモなどの塊茎や穀物、野菜などが記載されているものは避けましょう。

 

もちろん、これらが絶対にわんちゃんにとって悪いというわけではありません。バランスを考えた上でのことですので、材料として含まれていたとしても何ら問題はありません。

 

ただ、ラベルに記載されている順番が大事なのです。

 

アレルギーがあるわんちゃんは穀物系にはとくに注意が必要です。

 

人間にグルテンフリーの食事があるのと同じで、わんちゃんに穀物フリーのご飯を与える場合はまず獣医さんと相談しましょう。

 

穀物はアレルギーのないわんちゃんであれば、さほど体に害はありません。

 

しかし、わんちゃんが過剰に手をなめたり体を掻く、嘔吐、下痢を起こすようならアレルギーのサインかもしれません。

 

穀物だけでなく、タンパク質のアレルギーなどもあるため、一度に同じドッグフードを大量購入するよりも、まずは慎重に選んだものを少量与えてみることでアレルギーに対する反応もチェックすることができます。

 


ドッグフードのおすすめならこれ!!

 

 

次にわんちゃんの活動量にも注目してみましょう。

 

庭で放し飼いにしている場合やわんちゃんを定期的にお散歩に連れていく場合と、そうでない場合では糖尿病などのリスクが異なります。

 

おやつのあげ方、あげるものにも注意が必要ですが、今は糖尿病(もしくは糖尿病の気がある)わんちゃん向けの商品もでています。

 

低脂肪、低カロリー、食物繊維が豊富に含まれていることを基準にチェックすると良いでしょう。

 

特に食物繊維が多く含まれている場合、たくさんの量を食べなくても空腹を満たしてくれるため、おすすめです。

 

もちろん塩分の配合表記にも気を配りましょう。見た目だけで肥満体かどうか判断するのが困難な場合もあります。

 

気づいたら糖尿病になっていた、なんて事態を避けるためにも体重確認は定期的に行いましょう。

 

もちろん逆の場合も同じです。狩りやスポーツに向いているといわれる、活発なわんちゃんを飼育している場合、エネルギー源となるたんぱく質は欠かせません。

 

ビタミンが豊富に含まれているバランスのとれたドッグフードであればなおさら良いでしょう。

 

時には食感の変化も大切かもしれません。テレビでよく目にするのは乾燥タイプのドッグフードです。

 

乾燥タイプのドッグフードは栄養バランスが整っているため、これを好むわんちゃんであれば他に何かを加える必要はないため、管理がとても楽になります。

 

次に缶詰になったウェットタイプのドッグフード、これも種類が豊富です。

 


ドッグフードのおすすめならこれ!!

 

 

においや食感が違うためか、乾燥タイプを好まないわんちゃんに缶詰タイプのご飯をあげると、ガツガツ食べ始めることもしばしばあります。

 

ただ、乾燥タイプのドッグフードに比べて、ウエットタイプはバランスが落ちることもあります。結局一番大切なのは飼い主様が材料のラベル部分をしっかりと確認することです。

 

テレビのコマーシャルはよくできていて、これを買ったらどんなわんちゃんも健康になる、というCMも昔はよくありました。

 

しかし、実際は犬の種類によって適したドッグフードも変わってきます。

 

心配な場合はかかりつけの獣医さんやペットショップの方のアドバイスを仰いだり、自分でわんちゃんに合ったペットフードをいくつか検索したりしながら、その子にぴったりなごはん選びをしましょう。

 


ドッグフードのおすすめならこれ!!