柴犬の健康維持におすすめなドッグフード

ドッグフード選びのポイントは、健康と好みとコスパ

 

売り場に行きますとたくさんのドッグフードが並んでいます。自分のワンちゃんにどのドッグフードがいいのか選ぶのは難しいですよね。

 

今回は特に栄養素にこだわったプレミアムなドッグフードをメインに紹介していきます。

 

プレミアムなドッグフードを選ぶ際のポイントは、3つあります。それは、ワンちゃんの健康と好みとコストパフォーマンスです。

 

犬の健康面を考えたときに必要な栄養素が含まれているもの、犬が喜ぶもの、コストパフォーマンスの3つを兼ね備えていれば最高ですね。

 

一つ目の犬に必要な栄養素ってどんなものなのでしょうか。まず人間同様、添加物は無いのであればその方が望ましいです。

 

この辺りの考え方は人間の添加物に対するものと全く同じですが、添加物が入っているからといってすべて悪いものとも言い切れません。

 

添加物については、大まかに言いますと、完全無添加のタイプと人工添加物・着色料・保存料・香料について不使用というタイプがあります。

 

柴犬向けのドッグフード

 

 

添加物が含まれていても他に魅力的な栄養素が含まれていることもあるので、あくまでも総合的に判断していきましょう。

 

ドッグフードは海外産と国産がありますが、もちろん国産は一定の品質管理がなされていますので、安心感があります。

 

また、海外産ものも決して悪くはありません。とくにイギリスなど品質管理が厳しい国のものであれば安心できます。

 

成分としてはグレイン(穀物)の含まれていないもの、またグルテンの含まれていないものがよいとされていますので、気になる方は表示をみてみてください。

 

無添加のドッグフードとしては、モグワンやナチュロンやカナガンといった商品が人気があります。

 

次は好みについてです。

 

人間と同様、ドッグフードにも犬種や犬自身の好みによって、食べっぷりがかわります。基本的には子犬用、成犬用、老犬用と犬の年齢に合うものを選ぶとよく食べてくれます。

 

オールステージ対応と表示されているものは、どの年齢の犬にも好まれるように仕上げられています。数頭飼っていて、年齢の異なる場合には便利ですね。

 

よく「食いつきがよい」と言う言葉で表現されますが、これは普段実際にワンちゃんと接している飼い主にしかわからないことです。

 

食べるスピードや食に関する関心もワンちゃんによって違いますし、何種類か与えてみないと差がわかりません。

 

柴犬向けのドッグフード

 

 

実際、何を与えてもよく食べる食欲旺盛な子では違いがわかりづらいこともあります。

 

食い付きがいいものとしてはウェットタイプのブッチや、成犬用になりますがナチュラルドッグフードラムなどの商品が人気があり、おすすめです。

 

次にコストパフォーマンスについて考えていきましょう。もちろん大切な子にはよいものを与えたいという気持ちはペットを飼う方はみんなもっていますよね。

 

でも、子どもの食費と同じでやはり限度というものがありますし、ペットとの関係は長く続いていくものですので、無理は禁物です。

 

これはペットのかける費用についてもいえることです。

 

忘れがちになってしまいますが、ペットと買う上で一番大切なのはエサを始め長年にわたってきちんと世話していくことです。

 

ワンちゃんも若いうちは人間と同じであまり病気しませんが、高齢になってきますと動物病院にお世話になることもあります。

 

最近はペット専用の保険も登場し、保険に入っておけば、ペットの高額な医療費に対する対策ができるようになってはきました。

 

しかしながら日々のエサ代をかけすぎて犬の老後やご自身の生活に支障がでないように、ドックフード選びでもコストパフォーマンスを重視していきましょう。

 

最近は安定・持続型のビタミンCが含まれている犬用のサプリメントをエサにまぜて与えることもあります。

 

エサとサプリメントを別々に購入するより、栄養素の豊富なエサを与える方がコスト的には安くなることが多いですので、どのような栄養素を与えたいのか考えてドッグフードを選びましょう。

 

ドックフードの量は犬種によって大きくことなります。チワワとラブラドールレトリバーでは、もちろんエサの量がかわってきます。

 

このようなエサの量に対するコストは犬種によってわかっていることなので、大型犬を飼い始める際には考慮しておくといいでしょう。

 

柴犬向けのドッグフード

 

 

小型犬の場合には1日にかかるプレミアムドッグフードの目安としては、1日あたり150円前後であれば合格点といえます。

 

プレミアムドッグフードからはずれてしまうかもしれませんが、安さに注目して選ぶとすれば1キロあたり1500円以下で購入できる、ファインペッツやナチュラルバランス、ナチュラルチョイスなども商品もよいでしょう。

 

コストパフォーマンスを考える際には、1回ごとに買うより、定期便などを利用すると一個あたりの金額が安くなります。

 

ずっと同じエサを与えたい場合には利用してみてください。また定期便ですとたくさん与えると足りなくなったり、少な目に与えて余ってしまうこともあります。

 

毎月のエサの量にばらつきがある場合はまとめ買い割引を利用して、なくなったらまたまとめ買いしてもいいですね。

 

ただ、無添加のプレミアムドッグフードは添加物がない分、食べられる期間が短くなります。

 

あくまでも必要な分だけをまとめて注文してくださいね。ドックフードのよっては、最初はお試し価格で気軽に購入できる商品もあります。

 

同じ商品でもお店によって送料が異なることもあります。

 

ネット通販に関しては送料無料が多かったのですが、最近、配達業者の人員不足などが注目され、送料については今後少しずつ上がってくることも予想されます。

 

初めて使用する商品はまとめ買い擦る前に、実際に与えてみて様子を観察してみてください。

 

柴犬向けのドッグフード