柴犬の健康維持におすすめなドッグフード

大切な愛犬に食べさせたいドッグフードを選ぶ基準

 

犬を飼うときの悩みの種のひとつ、それはドッグフードの選び方です。

 

犬種や年齢、犬の好みによっても選択肢がたくさんありすぎて、何を基準に選べば良いのかとてもむずかしいです。

 

飼い始めはブリーダーさんに相談して、親犬がずっと愛用していると言われたドライフードを与えたり、インターネットで検索しておすすめされているものを試したりしていました。

 

しかし人間と同じように犬にも個体差があります。

 

ドッグフードによって皮膚にアレルギーが出たりすることもあるので、愛犬の様子は日頃から注意深く観察し、そのこに1番あったものを選ぶようにしましょう。

 

柴犬向けのドッグフード

 

 

私がドッグフードを選ぶときに気をつけるポイント3つあります。それは愛犬のサイズと年齢に合致していること、不要な添加物が入っていないこと、そしてドイツ産であることです。

 

ドイツはオーガニック、またペット先進国としても有名です。ドイツのオーガニックは、世界で最も厳しい審査基準を設けており、

 

その審査を合格しなければオーガニック(BIO)を名乗ることはできません。100%有機原料を使用している、そんな厳しい基準をくぐり抜けた私のおすすめドイツ産ドッグフードはプレイアーデンです。

 

プレイアーデンは300年の伝統を誇るドイツの老舗ブランドです。

 

農薬、化学肥料、保存料や抗生物質をいっさい使用せず、大自然の恵みをふんだんに使用したドッグフードを取り扱っています。

 

BIOの審査基準も毎年合格しています。また専従の獣医師が監修しているため、犬の健康のスペシャリストのお墨付きというわけですね。

 

ドイツのペットフードは獣医が関わっていることも多く、長生きしてもらいたい愛犬のフード選びにはとても安心できるポイントです。

 

プレイアーデンのフードは種類も豊富で、ビーフやポーク、馬肉なんかもあります!

 

きっと愛犬にぴったりの1つが見つけられると思います。ちなみに我が家ではウェットフードの100%有機チキンを与えています。

 

柴犬向けのドッグフード

 

 

しかしプレイアーデンの中でもBIOを名乗っているものは少しお値段が高いですね。

 

またウェットフードではなくドライフードを与えたいというペットオーナーさんも多いと思います。

 

そんな方にはプレイアーデンのプリンツがおすすめです。プリンツはとても栄養価が高く、少食で痩せ気味の犬にも安心して与えることができます。

 

お値段はウェットフードより少し安いです。

 

ドイツ発のドッグフードには、プレイアーデンの他にお手頃価格で愛犬に安心して与えられるものがたくさんあります。

 

これから日本でももっと多くの種類が販売されるといいですね。

 

また、大切な愛犬の健康のため手作りのドッグフードを与えてみるのはいかがでしょうか。

 

私たち人間が食べる食材と同じものを使って作ることができます。

 

鶏ささみのジャーキーやお米、ドライ納豆など、インターネットで調べるとレシピが見つかるのでぜひチャレンジしてみましょう。

 

ただ、犬の健康を害する食品もたくさんあります。たまねぎやにんにく、ブドウ、生の豚肉など、家庭で手作りする場合は「犬に与えてはいけない食べ物」に必ず注意してください。

 

柴犬向けのドッグフード